八条コミュニティの取り組み

桜いっぱい運動の植樹祭を開催しました

20.02.14 UP

 2019年12月8日、八条地区各所において「八条桜いっぱい運動」と名付けて、今年初めて、62本の桜の植樹に取組み、53名が参加しました。
  八条地区は公園も少なく、都市化が進み、住宅が急増しているため、花と緑を活かして潤いのある心豊かな「八条桜の園づくり」を目指しています。
 そのための取組みのひとつとして、植樹祭と植え付け講習会を実施した後、各区各地域にそれぞれ桜の苗木を植えました。5年後には桜の苗木も立派に育つよう見守りを続けていきます。

 

桜いっぱい運動の様子①

桜いっぱい運動の様子②

桜いっぱい運動の様子

出張サロンを開催しました

20.02.14 UP

2019年10月25日、毎月行っている八条サロンを、“出張”八条サロンとしてコミュニティセンターから飛び出し納屋会館で開催しました。
当日は、38人の参加者があり、地元の納屋区、上佐野区、佐野区の皆さんの顔が多くみられました。皆さんそれぞれ楽しいひとときを過ごされました。
出張サロンによって、これまで参加できなかった方も来やすくなり、これまで以上に交流の機会を持つことができるとわかりました。

 

サロンの様子①

サロンの様子②

サロンの様子

八条コミュニティでふれあいのひとときを開催しました

19.04.05 UP

平成30年12月2日、八条地区コミュニティセンター文化ホールで、ふれあいのひととき「3部会合同クリスマス会」を開催しました。公民館部の婦人部と健康推進部による手料理、フラダンス等で大変盛り上がり、参加した108人にとって楽しいふれあいのひとときとなりました。

IMG_7805

IMG_7749

IMG_7716

 

自主防災発表会と和太鼓の披露

18.10.18 UP

9月14日、八条地区コミュニティセンターにおいて、防災部主催の自主防災発表会を行いました。この発表会は平成29年度から各行政区の防災に関わる取組みを発表しており、今年度は上佐野区、九日市下町区、弥栄区が取組み発表を行いました。

また各区の発表後には、八条地区の地域振興や若い世代の参画の機会づくりを目的として、半年前に地区民15人が練習を始めた和太鼓演奏を初披露しました。当日参加した109人は防災意識を高めるとともに、とても迫力のある息の合った演奏を聞き入っていました。

IMG_7192

 

IMG_7265

第1回八条サロンを開催しました!

17.08.25 UP

 八条地区内の世代間交流の場を定期的に設けることを目的に「八条サロン」を新たに立ち上げました。
 8月20日(日)、八条コミュニティセンターで第1回八条サロンを開催し、66人の方が参加され交流を深めました。今回は豊岡高等学校茶道部の皆様に茶道のお点前を披露いただき、39人の方がお茶席を体験され楽しいひとときを過ごされました。
 サロンの運営は八条コミュニティ福祉部のメンバーがあたります。お揃いのエプロン姿で参加者の皆様に心からのおもてなしをしました。福祉部長の中井純子さんは「八条サロンは、区長会からもご支援いただいておりますので益々盛り上がるように頑張りたい。これからも、赤ちゃんからご高齢の方まで集い語らう場になればうれしいです」と今後の開催に向けての意気込みを語られました。

hachijyo_saron2
▲豊岡高等学校茶道部の皆様によるお点前披露

 

hachijyo_saron1
▲揃いのエプロンで運営をする福祉部メンバー(写真奥)

 

第1回 ビオトープ八条まつりを開催しました!

17.08.08 UP

 7月30日(日)、九日市上町にある「ビオトープ八条」をメイン会場に八条コミュニティ主催による「第1回ビオトープ八条まつり」が開催されました。
 
来場された147名(うち児童30余名)は、ビオトープ内で、魚の放流、ザリガニ釣り、生き物調査等を楽しみました。また、これまでのビオトープ整備の様子をパネル展示するとともに、コウノトリ市民研究所の村田美津子さんによる、ビオトープに飛んでくるコウノトリの生態に関わる講座も開きました。
 
ビオトープ八条の整備を進めてきた、地域振興部の宮村 吉一部長は「まつりの開催に向けて区長会をはじめ多くの地域団体から支援いただいた。『ビオトープ八条』を知っていただくだけでなく、自然を守る事の大切さを感じていただけたと思う。子どもたちが生き物と触れ合えるよう、これからもビオトープ整備を続けていきたい」と語られました。

ikimonotyousa

▲生き物調査の様子

DSC_0352

▲ビオトープ整備のパネル説明

全世帯アンケートを実施しました

16.02.01 UP

 八条コミュニティ準備会では、平成27年6月に全世帯と公民館利用者、小学5年、6年生を対象にアンケートを実施し、1147人から回答をいただきました。
 内容は、八条地区の良いところ、これからの課題や要望などを聞き、回答では具体的な記述もたくさんありました。
 この結果を集約し、全戸にお知らせしたほか、11月の文化祭でも発表しました。また、アンケートを補完するため、12月にはワークショップを行い、地域振興、地域福祉、地域防災、人づくりの分野で踏み込んだ意見をいただきました。
 これらの意見を基に、組織や地域づくり計画を検討していきます。